So-net無料ブログ作成

菅さんへアドバイスです [つれづれ日記]

長期変動.jpg「放射能の長期変動」
チェルノブイリ原子力発電所事故(Wikipedia)より引用

事故後100日を経過して、半減期30年のセシウム137が急増していることに注目してください。
それが30年後もまだ増加しています。

被災者を関西以西へ移住させるべきです。

3号炉の末期の姿を想像し、それが左右へ連鎖していくことを想定して、一番弱者に安全な住まいを与えましょう。

首都圏住民のニーズで建設させた原発です。
しばらくは首都圏住民は移住禁止してこの場で戦っていきましょう。

報道で図面を見る限り通電によって機能回復することが期待されますね。
しかし、自衛隊が撮影した3号炉の上部の様子を見ると、完全破壊されていると見るべきでしょう。

粉々になってはいませんが、放射能を完全保護する目的の圧力容器や保護容器が亀裂を持っているとすれば、それは機能不全でしょう。

そこへ水を掛けている行為は、何もしないよりはましという考え方のようです。

つまり、土人や小学生でも同じ結論に至る。

そういう対策を実施しているに過ぎないでしょう。

1,2号機、5,6号機は通電である程度冷却機能が回復することが期待されます が、その間に3号炉の炉心溶融が進んでいけば、溶融の誘発を起こして連鎖していくでしょうから、生き返った冷却機能も外から熱破壊されていく可能性があります。

設計で想定していなかった事態に突入している以上、想定外の出来事がおきる可能性は高いでしょう。
米英仏はそれを恐れて撤収を始めたのでしょう。

被災者を関西以西へまず移すことを優先すべきでしょう。

政党としてまともに機能するのであれば、管さんはこれを一読してくれると思います。

もしパニックになっていれば、あの穏やかな顔の防衛大臣に命をお任せする他はなくなるでしょう。

トホホ。

ご安全に!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます